国語力があれば努力次第でなんとかなる

【6月のコメント】

国語力があれば努力次第でなんとかなる

 今回の兵庫摸試で回収した解答をざっと見ていて、面白いことに気付きました。
 
英語が全くできていないのに、国語がそこそこできている生徒さんがかなりいました。
 これは、どういうことでしょうか。

国語ができるということは、読解力はあるということです。そして、この読解力は持って生まれた能力でかなりの部分をカバーできます。
 ということは、その生徒さんには、英語も時間をかければできるようになる力があるのです。
 
ところが、英語は全くできない。
これは、単にさぼりで、単語を覚えていないだけなのです。
 
国語ができなければ他の科目を急に伸ばすのは正直難しいです。
でも、国語ができるのに他の科目ができないのは、ただ、さぼっているだけなのです。

勉強のやり方が分からないという前に

「誰にでもできる英語の教科書を読む。それを書き写す」

 ということをやってみて下さい。やらせて下さい。

 あるとき急にできるようになります。これは間違いのない事実です。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

ARCHIVE

カレンダー

2019年1月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031