2009年のコメント

            【2月のコメント】

     学生時代は、明日のお米の心配をする必要がない

 大人になれば、自分で働いて、そのお金で明日食べるお米を買って、生きていかなければなりません。

 学生は、よほどの事情がない限り、明日のお米の心配をする必要がありません。

 その心配は、親がしています。

では、学生はなぜ明日のお米の心配をしなくてもいいのでしょうか。

 それは、大人になって、ちゃんと一人で生きていけるように、勉強できる時
間を親が作ってくれているからです。

 それなのに、勉強しない。

 そんなもったいないことをしては、いけません。

         【12月のコメント】
       2か月必死にやれば学力は伸びる

中学3年生と、高校3年生は、年が明ければいよいよ受験です。早い入試だとあと2か月くらいしかありません。
決して、あと2か月しかないから、いくら勉強しても手遅れだとは思わないで下さい。

必死にやった2か月は、普段の4か月に相当します。
なぜなら、必死になっているから、脳の働きが違うからです。
 脳は、大切だと思うことは意識しなくても、決して忘れずにそのとおりに繰り返します。

 脳は、心臓を動かすことを決して忘れません。忘れれば死んでしまうことが分かっているからです。

 このように、必死でやって「脳にこれは大切なんだ」と思い込ませることで忘れないようにできます。

 いいかげんな気持ちでやると、いくら時間をかけても無駄です。

 必ず、必死にやって下さい。


ARCHIVE

カレンダー

2018年1月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031