2013年のコメント

  【11月のコメント】
 
          毎日続けることの大切さ
  
  5教科コースを申し込んでいる生徒さんで、月曜から金曜まで毎日
 休まずに塾にきている生徒さんがいます。
  理社国は、自分でワークを解いていく自立型の学習ですが、それでも
 毎日やるのと、やらないのと、では大違いです。
  
  自分の部屋では、なかなか勉強できない生徒さんが多いのは、自分の部屋 
 だと、勉強以外にもできることがたくさんあるからです。
  それで、ついつい誘惑に負ける。
 
  実は、社会人になっても何かを毎日続けることができる人と、できない人
 は、入社5年もすると大きな差が出てきます。
  
  小さなことをコツコツと積み重ねない限り、秀でた能力は身に付きません。
  イチロー選手が毎日何回素振りをしているのか知っていますか。
  雨でも嵐でも、毎日1000回以上でしょう。

  【12月のコメント】
 
      光陰矢の如し、少年老い易く、学成り難し
  
 中国の儒者であった朱熹は、「偶成」と題した詩で「少年老い易く、学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず、未だ覚めず地塘春草の夢、階前の梧葉、己に秋声。」と歌いました。

 幼少より学問を志しながら、そろそろ老いを迎える年齢になっても、未だ大きな成果を果たせずにいる。無常にも時間だけが移ろい、ただ過ぎ去ってゆく。月日が経つのは矢が飛ぶように早い。 というような意味でしょうか。

 もう12月です。皆さんはこれから年をとる毎に1年が経つのが早くなっていきます。これは、皆さんの中での1年の割合が変わっていくからです。2歳だと1年は1/2、40歳だと1年は1/40です。そして過去の長さは2歳でも40歳でも同じように感じられますので、年をとればとるほど1年が短くなっていくわけです。
 1年が長いうちにやるべきことはやっておきましょう。


ARCHIVE

カレンダー

2018年9月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930